トップ > ニュース > 声明・談話・コメント > 建国記念の日を迎えて(代表談話)

ニュース

建国記念の日を迎えて(代表談話)

2017.02.11
 本日、ここに「建国記念の日」を迎えるにあたり、二千六百七十七年前に神武天皇が橿原の宮で
即位され、国の基を定められた歴史を偲ぶとともに、建国の精神を守り伝えてきた先人の努力に
対して心から敬意を捧げます。

 建国のお祝いをするこの日は、明治五年に国の祝日、「紀元節」と定められました。私は、
この「紀元節」という言葉は、血で血を争う戦争や内乱をイメージすることない、節度ある美しい
日本語であると考えています。
敗戦後の昭和二十三年、GHQの指示によって廃止されましたが、昭和二十七年の講和独立後、
建国を記念する日の制定を求める国民世論が盛り上がり、昭和四十一年、「国民の祝日に関する
法律」が改正され、昭和四十二年から二月十一日は、建国をしのび、国を愛する心を養う、
「建国記念の日」になりました。
各々の国が当然のこととしている国を愛する心、愛国心を養う教育をより一層充実させることが
大切であると考えています。

 現在、全国各地で「建国記念の日」をお祝いする行事が盛大に開催されています。その一方で、
政府主催による建国記念の日祝賀式典は開催されておりません。政府に対し「建国記念の日」を
お祝いする政府式典を開催するよう強く求めて参ります。そして、祝日の名称も「紀元節」と
なって欲しいと願っています。

平成二十九年二月十一日

日本のこころ
代 表 中山 恭子

トピックス