トップ > ニュース > 申し入れ > 『衆参両院の法制局に憲法専門の課を新設すること』について申し入れ

ニュース

『衆参両院の法制局に憲法専門の課を新設すること』について申し入れ

2015.05.19

党幹部が、衆議院議長と参議院議長を訪ね、「衆参両院の法制局に憲法専門の課を新設すること」について申し入れを行いました。

わが党からの申し入れに対し、大島衆議院議長、山崎参議院議長からは、
「法制局の中に担当課を新設することは、憲法改正実現に向けた姿勢として必要である。
衆参両院で協力しながら、法制局担当課新設の議論を進めてもらうよう議院運営委員会に伝えることを始め、期待にこたえるよう努力していく」との回答がありました。

次世代の党は引き続き、自主憲法制定に向け、内容の議論と同時に実現のための環境整備に力を尽くしていきます。

申し入れ文書はコチラ↓↓(PDFデータ)
憲法担当課新増 要望書(参議院)
松沢 成文幹事長の会見動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=hn6ca7BNyQw
IMG_8333
IMG_3300

トピックス