カベルゴリンの通販情報まとめ|日本のこころバイアグラ

カベルゴリン通販の価格

カベルゴリン通販の価格

カベルゴリンは主にパーキンソン病の治療に用いられるお薬ですが、男性の早漏などの症状にも用いられます。

男性は射精後、プロラクチンというホルモンが分泌されることにより興奮が覚めていきます。
カベルゴリンには、このプロラクチンの分泌を抑える効果があり、その結果、次の行為までの時間が短縮されます。

射精までの時間を長くするという早漏対策ではなく、早く射精してしまった後の対策、というアプローチです。

カベルゴリン(カブゴリン)は、インドのジェネリック医薬品を主力とする製薬会社である、サンファーマの商品です。
サンファーマは世界第5位のジェネリック医薬品会社であり、高品質で安全性の高い医薬品を世界中に展開しています。同社のバイアグラジェネリック「カベルタ」は国内外問わず人気の商品です。

ではカベルゴリンはどこで購入することができるのか?
カベルゴリンは個人輸入代行サイトから購入する事ができます。

今回は、そのあたりの情報について、まとめていきたいと思います。

カベルゴリンの通販価格を徹底比較

カベルゴリン(0.5mg)を取り扱っている個人輸入代行サイトは数多くあります。
初めて利用するには不安な方もいると思いますので、様々なサイトでの価格を比較してみました。

1箱3,480円
(1個435円)
3,872円
(1錠484円)
取り扱いなし取り扱いなし取り扱いなし
2箱5,980円
(1錠373.8円)
5,170円
(1錠323.1円)
取り扱いなし取り扱いなし取り扱いなし
3箱9,460円
(1錠394.2円)
6,357円
(1錠264.9円)
取り扱いなし取り扱いなし取り扱いなし

※カベルゴリン(製品名:カブゴリン)は、一箱8錠入りです。

今回は電話対応を行っているところを中心に、5サイトほどピックアップしてみました。
サイトによっても価格は違いますが、錠数によって価格に大きな差が出ています。

カベルゴリン最安値の入手方法

この項では、メデマートさんを例に用いて、少しでも安く購入する方法をご紹介いたします。
メデマートさんは、初回購入者の方への割引サービスが充実しています。
初回購入の際に500円の割引クーポンを適応できるので、他サイトよりお得に購入することができます。

カベルゴリンを通販で購入する際のお得なクーポン

カベルゴリンをお試しで購入

カベルゴリン 0.5mg 8錠 3,480円
割引クーポン使用 -500円

3,480円+送料1,000円-500円(割引クーポン)=≪3,980円≫

カベルゴリンのお得な買い方

さらにメデマートでは、1万円以上の購入でメデマート側が送料1000円を負担したり、メルマガを登録すれば、全商品対応の500円~1,000円のクーポンが定期的に配信されたりと、お得に購入する方法がほかにもあります。

カベルゴリン 0.5mg 32錠 11,960円
送料0円(メデマートが負担)
メルマガ割引クーポン使用-1,000円

11,960円+送料0円-1,000円=≪10,960円≫

カベルゴリンの効果の仕組み

カベルゴリンの効果の仕組み

カベルゴリンには、性欲亢進に効果があることが判明しており、射精後の無気力状態、性欲がなくなるといった症状に効果を発揮します。

男性は射精後、プロラクチンの分泌により性欲が失われます。

このプロラクチンの分泌を抑制することで、射精後の無気力状態の改善も可能なため、男性の早漏改善・防止薬としても有効です。

PED5阻害薬は性欲の高まりをきっかけに作用し、海綿体の血管を拡張し、血流障害を改善します。

一方カベルゴリンは、PED5とは逆に性欲障害を原因としたEDに効果がある可能性が高くなります。

カベルゴリンの飲み方

カベルゴリンの飲み方

※早漏対策として摂取する場合の、製薬会社から提示されている飲み方は、特にございません。

<参考>
パーキンソン病
有効成分0.25mgより1日1回から服用し始め、2週目は1日0.5mg、それ以降は症状により1週間毎に1日量として0.5mgずつ増量可能。

最高用量は3mgまでですので、この用量を超えないように注意してください。

いずれの場合も1日1回朝食後に服用します。

飲み忘れた場合は、気がついた時に可能な限り早めに飲んでください。

朝飲むべきところを夜に気がついたなど次の服用の時間が近い場合は、忘れていた1回分は飲まずにとばしてください。

乳汁漏出症・高プロラクチン血性排卵障害・高プロラクチン血性下垂体腺腫
週に1回・同一曜日を定め、有効成分0.25mgから服用を始め、それ以降は症状により少なくとも2週間以上の間隔で1回量を0.25mgずつ増量可能。

標準1回量は0.25mgから0.75mg、上限は1.0mgまでとされています。

服用量の増減は年齢や症状により適宜処方されるものですので、個人の判断による服用は避け、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

飲み忘れた場合は、気がついた時に可能な限り早めに服用してください。
次に飲む時は、忘れて飲んだ日の1週間後、同じ曜日にずらして飲みましょう。

産褥性乳汁分泌の抑制
1回1.0mgを胎児娩出後に1回のみ食後に服用します。

いずれの症状の場合にも、1度に2回分以上をまとめて飲んではいけません。

カベルゴリンの副作用

カベルゴリンの副作用

カベルゴリンは医療品であり、医薬品には必ず副作用があります。
副作用が出た、という事は逆に考えれば効果がしっかり出ている証拠にもなります。

主な副作用

■主な副作用
嘔気、悪心、食欲不振、胃部不快感、口渇、嘔吐、便秘、下痢、胃もたれ感、CK上昇、CPK上昇

■重大な副作用
幻覚、妄想、失神、譫妄、錯乱、悪性症候群、Syndrome malin、高熱、意識障害、高度筋硬直、不随意運動、血清CK上昇、血清CPK上昇、間質性肺炎、発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音異常、捻髪音、胸膜炎、胸水、胸膜線維症、肺線維症、心膜炎、心嚢液貯留、胸痛、浮腫、呼吸器症状、心臓弁膜症、心雑音、心雑音増悪、心臓弁尖肥厚、心臓弁可動制限、心臓弁狭窄、心臓弁膜病変、後腹膜線維症、背部痛、下肢浮腫、腎機能障害、突発的睡眠、肝機能障害、黄疸、AST上昇、ALT上昇、γ”GTP上昇、狭心症、肢端紅痛症

■上記以外の副作用
口内炎、腹痛、胃痛、胸やけ、胃炎、ふらつき、傾眠、興奮、不眠、不安、抑うつ、徘徊、精神症状、眩暈、頭重感、頭痛、ジスキネジー、睡眠時ミオクローヌス、神経症状、攻撃性、病的性欲亢進、病的賭博、起立性低血圧、血圧低下、立ちくらみ、動悸、高血圧、胸部不快感、指血管攣縮、息苦しさ、赤血球数減少、血色素量減少、ヘマトクリット値減少、血小板数減少、白血球数減少、白血球数増加、過敏症、発疹、顔のほてり、ほてり、そう痒、紅斑、顔面浮腫、蕁麻疹、排尿障害、尿失禁、倦怠感、総コレステロール上昇、筋肉痛、発汗、脱毛、下肢痙攣、無力症、むかつき、眠気、いらいら感、うつ病、異常感覚、トリグリセリド上昇、ざ瘡、乳房痛、一過性半盲、血小板数増加、鼻血

※万が一身体に何か異常を感じたり、あまりにも副作用が長引くなどといった場合は、病院にいき診察を受けるようにして下さい。

カベルゴリンの併用禁忌・併用注意

カベルゴリンの併用禁忌・併用注意

カベルゴリンと併用して服用してしまったり、服用してはいけない人が服用してしまうと、重篤な副作用が出てしまう可能性があります。

以下についてご注意下さい。

併用禁忌薬

【併用禁忌】
・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)
・MAO阻害薬
・チオリダジン
・SSRI、SNRI、3環系抗うつ薬、その他セロトニンに作用する医薬品(Lトリプトファン、トリプタン、トラマドール、リネゾリド、リチウム、セイヨウオトギリソウ等)
・CYP3A4阻害薬(ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、サキナビル、テリスロマイシン、ネファンドゾン、ネルフィナビル、アタザナビル等)

【併用注意】
・HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、サキナビル、ダルナビル等)
・α遮断剤(ドキサゾシン、テラゾシン等)
・降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタン等)
・カルペリチド

使用禁忌

・重い肝臓病の方
・重い腎臓病の方
・心臓病を患った事のある方
・脳卒中を患った事のある方
・極度の低血圧の方
・高血圧(管理していない方)
・網膜色素変性症
・性行為が行える体力の無い方

カベルゴリンの評価、使用者の口コミ・レビュー

カベルゴリンの評価、使用者の口コミ・レビュー

実際の使用者による口コミ・レビューを各個人輸入代行サイトから引用させていただきました。ご参考までにご紹介させて頂きます。

五つで満点
評価★★★☆☆

年齢と共に賢者タイムからの復活に時間がかかるようになったので、プロラクチン抑制薬であるこの薬を購入してみました。回数と共に副作用が強くなる事があると書いてあったので、少し少なめの容量で服用したからか、効果はあまり強くありませんでしたが、確かに賢者タイムを短縮する効果はあるように見受けられます。
ただどの程度の容量で効くのかがまだ良く分からない状況です。

評価★★★★☆

いわゆる賢者モードの軽減に効果があると聞いて服用しています。はっきりとは体感できていませんが、飲まないときと比べると終わった後の気分の落ち込みが軽減される感覚があります。しばらく週1で飲んでみたいと思います。

カベルゴリンまとめ

カベルゴリンまとめ

カベルゴリンは、基本的にはパーキンソン病のためのお薬ですが、早漏対策として使われることもあります。

男性は射精後、プロラクチンというホルモンが分泌されることにより興奮が覚めていきます。
カベルゴリンには、このプロラクチンの分泌を抑える効果があり、その結果、次の行為までの時間が短縮されます。

射精までの時間を長くするという早漏対策ではなく、早く射精してしまった後の対策、というアプローチです。

カベルゴリンは日本でも認可されており、特許も切れておりそのジェネリック薬も販売が可能になっています。そのため、病院やクリニックで処方してもらう事が可能です。

しかし個人輸入代行で通販購入する方が年々急増しています。
それは病院やクリニックに行くよりもジェネリック薬などで費用も抑える事ができますし、通販として購入できるので、ボタン一つで注文ができ、非常に楽で便利だからです。

このお薬は、性生活に不満がある方にとっては、役に立つ可能性を秘めています。
性に関する悩みはなかなか周りにも相談しづらいと思うので、ぜひ一度個人輸入代行からカベルゴリンを購入することを検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました