トップ > ニュース > 声明・談話・コメント > 【代表談話】衆議院選挙を終えて

ニュース

【代表談話】衆議院選挙を終えて

2017.10.23
 12日間に及ぶ衆議院総選挙が終わり、国民の皆様の審判が下りました。

 我が「日本のこころ」は、この選挙戦を「最後の決戦」として、背水の陣で臨み、全身全霊を捧げて政策を訴えて参りました。

 北朝鮮の度重なる挑発に対して「敵基地攻撃能力の保有」と「高度なミサイル迎撃システムの早期実現」を同時に求めるとともに、日本経済を完全にデフレ脱却へと導くために、消費を喚起する「消費税マイレージ制度」を導入するべきこと、そして、自主憲法の制定と、被災者の自立支援を、正面から訴えて参りました。

 残念ながら、当選者は出なかったものの、多くの国民の皆様から多大なるご支援を賜りましたことに、心から感謝を申し上げます。

 これからも「日本のこころ」は、誇りある日本を取り戻すため、日本のこころを大切にする豊かな国を創り上げるため、頑張って参ります。 どうか、皆様方のご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

平成二十九年十月二十三日
日本のこころ 代表
参議院議員  中野正志

トピックス